丸紅情報システムズ/安全保障貿易管理ソフトをクラウドで提供

2013年07月04日 

丸紅情報システムズは7月8日、輸出管理業務支援ソフトウエア「マンボウ(M・ANBOU)」のクラウドサービス「クラウド マンボウ」を提供開始する。

クラウド マンボウは、従来のオンプレミス型マンボウが実現していた安全保障貿易管理に関する輸出品目・取引情報の一元管理と、審査書類の作成・申請・承認等の社内承認ワークフローをクラウドサービスで提供する。

最新版のマンボウで追加したスマートフォン・タブレット端末による承認・閲覧機能にも対応し、機能面での違いはない。

ユーザ・組織情報の登録と内部規定(コンプライアンス・プログラム/CP)に則った承認フローの設定を行うだけで、輸出管理システムを利用できる。

使用開始後に発生する法令改正に伴う申請書式や法令データ変更などのメンテナンス作業はエムシスが対応。

構築・運用・保守のコストを大幅に削減可能なクラウドシステムの特長を活かし、設備投資が困難な中堅・中小企業などを中心にサービスを提供していく計画。

最新ニュース

物流用語集