日通総研/アマゾンのSCM輸送統括事業本部長が講演

2013年08月17日 
関連キーワード:

日通総合研究所は8月27日、ロジゼミシリーズで「EC市場の拡大と物流の方向性~アマゾンジャパンB2C物流改革への挑戦~」を開催する。

アマゾンジャパンでB2C物流改革に取り組んでいる鹿妻(かづま)SCM輸送統括事業本部長が、ネット通販ビジネスにおける消費動向と、期待される物流ビジネスモデルの可能性について熱く語る。

■開催概要
日時:8月27日(火)14:00~18:00(受付13:30~)
会場:日本通運本社ビル4階会議室AB
東京都港区東新橋1-9-3
定員:70名(最少開催人数:30名)
参加料金:1名/30,000円(税込)
対象:EC市場、ネット通販物流に関心のある方

■詳細・申込み
http://www.nittsu-soken.co.jp/seminar/archives/semi61.html

■プログラム
14:00~14:05 オリエンテーション

14:05~16:10
基調講演
1.お客様に喜んで頂くための物流改革
【On-line/Off-Lineビジネスの融合】
・Amazonの概要
・お客様の消費動向と今後の物流
・繊維/アパレル業界における可能性
・家電業界における可能性
・まとめ、質疑応答

鹿妻明弘氏(かづまあきひろ)
アマゾンジャパン
SCM輸送統括事業本部長

16:10~16:30休憩

16:30~18:00
2.ECビジネスを支える小口配送事業における現状と新たな視点による取り組み
・取り巻く環境の変化
・「配送」の価値を高める
・物流サービスの多機能化
・ともに発展する仕組みづくりへ
・まとめ、質疑応答

小松隆(こまつたかし)
日通総合研究所
経営コンサルティング部長

■講師プロフィール
・鹿妻明弘(かづまあきひろ)
アマゾンジャパン
SCM輸送統括事業本部長

1988年:慶應義塾大学法学部卒業、同年、日産自動車入社
1996年:北米日産自動車へ出向
2006年:アマゾンジャパン入社
2012年:青山学院大学大学院国際マネジメント研究科卒業

・小松隆(こまつたかし)
日通総合研究所
経営コンサルティング部長

1984年横浜国立大学教育学部卒業。同年(株)リクルート入社。
宅配・郵送・ルート配送等全国配送ネットワークを構築。
物流作業の効率化、コストダウン施策の提言・実行、外注管理マネジメント等を遂行する。同社情報誌物流業務全般の統括責任者を務める。通信販売サービスのフルフィルメント業務統括、個人情報管理統括担当、コールセンターの運用管理などの実績あり。

2005年日通総合研究所入社。日本郵政グループのロジスティクス改善プロジェクトなど、大手クライアント向けのロジスティクス最適化プロジェクトにてプロジェクトマネージャーを歴任。

■申込み・問い合わせ
日通総合研究所
事務局担当:瀧澤
東京都港区東新橋1-9-3
日通本社ビル8F日通総研内
TEL:03-6251-3277
http://www.nittsu-soken.co.jp/seminar/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集