佐川アドバンス/軽油・ガソリン販売事業を開始、初年度25億円

2013年09月25日 

佐川アドバンスは9月25日、燃料(軽油・ガソリン)販売事業を9月から開始したと発表した。

石油元売り会社から燃料を直接仕入れ、グループ会社等に燃料供給を開始し、2013年度は取扱高約25億円、2014年度には取扱高約80億円(外販含む)を見込んでいる。

9月から佐川急便が保有するインタンク(自家給油スタンド)128か所に供給を開始し、年度内には、年間使用量約6万klの軽油を佐川アドバンスからの供給に切り替える。

2014年度からは、佐川急便の幹線輸送を担う協力会社が保有するスタンドへの供給を開始する。

グループ全体でのコスト管理の一元化とスケールメリットによるコスト抑制効果が見込めるとともに、大規模災害発生などの緊急時においても燃料供給を維持するなど、今後デリバリー事業でのBCP対策にも寄与できるスキームを構築する。

最新ニュース

物流用語集