ココカラファイン/物流の防犯体制を見直し強化

ココカラファインは、物流の防犯体制を改めて見直し強化する。

10月12日早朝に、物流委託先であるパルタックが遺失事故に遭った対策。

遺失物は、パワードラッグワンズセガミ薬局津田沼店(千葉県習志野市津田沼)より回収した社内メール便で、店舗のクレジット利用時における「売上票(カード会社控え)」、「ココカラクラブカードお申込み・登録変更用紙」、「店舗の売上伝票」、「店舗従業員の社内連絡書類」など135件の個人情報が含まれていた。

個人情報の不正利用の状況は不明だが、クレジットカード売上票にはクレジットカード番号の下4桁以外の情報は表示されていないため、外部に流出した場合も不正利用ができる可能性は極めて低いと考えられる。

対策として、物流の防犯体制を改めて見直し強化するとともに、個人情報の取り扱い、管理・保管等について厳正に取り扱うことを改めて指導・徹底するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集