NSユナイテッド海運/4~9月の売上高14.2%増、黒字化

2013年10月31日 

NSユナイテッド海運が10月31日に発表した2014年3月期第2四半期決算によると、売上高763億円(前年同期比14.2%増)、営業利益41億4300万円(前年同期は2億5700万円の営業損失)、経常利益39億8200万円(前年同期は13億6700万円の経常損失)、当期利益56億9300万円(前年同期は14億400万円の当期損失)となった。

配船効率の向上など営業努力の継続に加え為替相場の円高是正もあり、外航海運事業の業績は増収増益となった。

内航海運事業の内、タンカーは、荷主の夏季需要調整の影響やアジアの化学製品需要の低下を受け、輸送量が伸び悩んだ。

ドライ貨物は、セメント関連貨物は旺盛な需要により、前期比輸送量が増加した。また電力関連貨物の輸送についても、火力発電所の高稼働により前年同期と同様に堅調に推移した。このような状況の下、前年同期比で増収増益となった。

通期は、売上高1540億円(17.2%増)、営業利益82億円(599.1%増)、経常利益72億円(184.7%増)、当期利益88億円(-)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集