阪急阪神エクスプレス/IATAと航空貨物運送状の電子化で包括協定

阪急阪神エクスプレスは2月13日、IATA(国際航空運送協会)と 1月14日付でMultilateral e-AWBAgreementを締結したと発表した。

IATA Multilateral e-AWB Agreement は、これまで紙媒体だったマスターAWB(航空貨物運送状)の電子化(ペーパーレス化)に関する包括協定。

協定への参加により、今後は全ての協定参加航空会社との間で電子化に関する個別契約が不要となり、電子データ交換(EDI)を通した作業の効率化推進と、紙使用量の削減による環境負荷の軽減が見込まれる、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集