日本郵船/塩の輸送で新造ばら積み船15年間の定期用船契約

2014年03月11日 

日本郵船は3月11日、グループのNYKバルク・プロジェクト貨物輸送が、塩輸送用の新造特殊ばら積み船で15年間の定期用船契約を締結したと発表した。

契約は、三菱商事とメキシコ政府の共同出資会社であるBaja Bulk Carriers, S.A.。就航は2014年8月頃の予定。

メキシコから塩田事業を通じて生産された塩を北米西岸に輸送するシャトルサービスに従事する予定で、現行サービス船の老朽化に伴う代替船となる。

大島造船所(長崎県西海市)で建造中の63型新造特殊ばら積み船は、60型ばら積み船をベースに全長を約9メートル増やすことで載貨重量を増加、さらに揚げ港設備の仕様に合わせて、移動式クレーン2基、ベルトコンベヤー、ブームコンベヤー、ホッパーなどの荷役装置を追加装備している。

電子制御エンジンを搭載し、随所にわたり本船形状に改良を施した最新式のエコシップデザインにしている。

■船の概要
全長:約209.30m
全幅:約32.26m
計画満載喫水:約12.75m
載貨重量トン数:約6万2800t
船籍:パナマ

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集