横浜港/輸出コンテナで基準値を超える放射線量を検知

2014年04月15日 
関連キーワード:

横浜市港湾局は4月14日、本牧ふ頭で輸出予定であったコンテナから、基準値を超える放射線量が検知したと発表した。

国が作成した「港湾における輸出コンテナの放射線測定のためのガイドライン」に沿って対応を行い、コンテナの引き取りを荷主に要請した。

検知の経過は、4月11日、本牧ふ頭BCコンテナターミナルのゲートで基準値を超える放射線量(5.3μSv/h)を検知。4月12日、除染後、再度測定したが、前回同様の放射線量(5.0μSv/h)を検知した。

4月13日、荷主から横浜港埠頭に基準値を超えるコンテナの対応について相談があり、引き取りを荷主に要請した。また、荷主が消防局へ相談し、その結果、消防局が出動した。

17時ごろには、消防車約20台が、コンテナが仮置きしてある本牧B突堤入口で一般車両が進入しないよう警戒体制をとった。20時半ごろ横浜市が除染場所として指定している本牧新建材ふ頭に、一時保管するコンテナの搬入を行い、荷主側で警戒体制をとった。

4月14日に荷主が原子力規制庁に相談し、現地確認が行われ、報告基準(5.0μSv/h)に達したことから、本市から国等の関係機関に通報した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集