名糖運輸/3月期の売上高7.9%増、営業利益32.7%減

2014年05月09日 

名糖運輸が5月9日に発表した2014年3月期決算によると、売上高485億1900万円(前年同期比7.9%増)、営業利益4億4900万円(32.7%減)、経常利益6億3600万円(19.1%減)、当期利益1億9700万円(60.2%減)となった。

大手食品メーカーとの新規業務開始、既存食品メーカーの業務拡大、夏場の気温上昇に伴う物量の増加及びコンビニエンスストア事業の拡大などにより大幅な増収となった。

営業利益及び経常利益は、燃料調達コストの上昇、電気料金の値上げ、業務拡大に伴う庸車費用の増加及び労務費並びに外注委託費などの経費が増加したことにより減益となった。

また、一部の連結子会社の厚生年金基金任意脱退に伴う脱退損失を特別損失に計上したことにより、当期純利益は減益となった。

来期は、売上高567億円(16.9%増)、営業利益6億円(33.6%増)、経常利益7億円(10.0%増)、当期利益4億円(102.6%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集