佐川急便/次世代育成認定マーク「くるみん」取得

2014年06月11日 

佐川急便は6月11日、厚生労働省京都労働局から、次世代育成支援対策に積極的に取り組む企業として認定を受け、次世代育成認定マーク「くるみん」を取得したと発表した。

<次世代育成マーク「くるみん」>
20140611sagawa - 佐川急便/次世代育成認定マーク「くるみん」取得

佐川急便はこれまで職場環境の整備に取り組んできたが、2012年度には育児・介護規定の大幅な改定を行い、休業期間や短時間勤務、休暇日数の拡充など男女を問わず希望者が制度を利用できる体制の整備を進めてきた。

女性従業員を対象に婦人科検診(子宮頸がん検診、乳がん検診、骨密度検診)の費用補助制度「ウィメンズ検診」を導入し、健康管理の促進と病気発症による離職者・求職者の防止につなげている。

今回の認定はこうした取り組みが評価されたもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集