三谷産業/富士通子会社とベトナムに車載用複合ユニット製造

2014年07月24日 

三谷産業は7月24日、富士通の子会社FCV社との共同出資で、車載用複合ユニット製品製造会社を設立すると発表した。

共同出資会社では、三谷産業のベトナム子会社ABCD社のドンナイ工場の樹脂成形品製造と新規ビジネスである複合ユニット製品製造を行う。

ABCDドンナイ工場では、金型製造を継続するとともにトレーニングセンターを設置し、樹脂成形品の技術育成を図っていく。

■共同出資会社の概要
商号:Aureole unit-Devices Manufacturing Service Inc.(ADMS社)
所在地:ベトナム社会主義共和国ドンナイ省ビエンホア工業団地
主な事業内容:樹脂成形品・複合ユニット製品(電子部品・樹脂成形品)の製造
資本金:200万USドル
出資比率:三谷産業68%、FCV32%
設立時期:2014年9月
敷地面積:1万2000㎡
設備投資額:3億円
工場延床面積 4000㎡
工場稼働年月:2015年3月
従業員:130人(2015年3月予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集