LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

マンハッタン/倉庫管理システムの世界的リーディング・サプライヤーに

2014年08月07日/調査・統計

マンハッタン・アソシエイツは、総合的なWMSソフトウェアの分野で最も影響力のある世界的リーディング・サプライヤーにランキングされたと発表した。

世界的な調査・提言企業であるARCアドバイザリーグループが行った世界規模での倉庫管理システムに関する分析と2018年までの市場予測を含む調査レポートによるもの。

このレポートの中で、ARCアドバイザリーグループのエンタープライズ・ソフトウェア・アナリストであるClint Reiser(クリント・ライザー)は「マンハッタン・アソシエイツはWMSソリューションを提供する企業のうち2013年度で最も影響力のあったサプライヤーに選出され、10年間連続でランキングに入った。

マンハッタンの「サプライチェーン・プロセス・プラットフォーム(SCPP)」は、WMS、ヤード管理、TMSといったアプリケーションを通じて、サプライチェーン全体の最適化を実現するためのインフラを提供する。こうした業務横断的な流通全体でのワークフローの構築は、製造業、卸売業、小売業のそれぞれに大きな価値をもたらすもの」と述べている。

レポートの中では、今後WMS市場が成長していく上での非常に重要な要素として、オムニチャネル・コマースに向けた動きが活発化していることにも触れている。

また、今回のARCアドバイザリーグループのレポートの中で、マンハッタン・アソシエイツは全36のカテゴリーのうち21の領域においてリーディング企業と位置づけられた。

その一部として「Tier 1企業向けWMS」「小売業向けWMS」「アパレル小売業向けWMS」「食料品/飲料小売業向けWMS」「医薬/バイオテクノロジー向けWMS」「輸送/物流業向けWMS」を挙げている。

なお、ARCアドバイザリーグループのレポートは毎年発行しており、WMSソリューションを提供する40以上のサプライヤーを対象として行った調査結果をもとに、2018年までの市場の詳細な分析と予測を提供している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース