LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

岡村製作所/自動倉庫型ピッキングシステム発売

2014年08月29日/物流施設

岡村製作所は8月29日、ノルウェー Jakob Hatteland Computer社と販売契約を締結し、自動倉庫型ピッキングシステム「AutoStore(オートストア)」を9月から発売すると発表した。

<「AutoStore(オートストア)」>
20140829okamura1 515x354 - 岡村製作所/自動倉庫型ピッキングシステム発売

「AutoStore」の導入数は全世界で51システムにのぼり、さまざまな業種・業態で活用されている。 高い収納効率を生かし、特に多品種少量のロングテール商品を扱う通信販売業界の物流拠点やメーカーの保守部品サービスセンターなどに最適な、自動倉庫型ピッキングシステム。

<システム構成>
20140829okamura2 515x175 - 岡村製作所/自動倉庫型ピッキングシステム発売

「AutoStore」は、専用コンテナを高密度に収納し、ロボットがコンテナの出し入れを行う自動倉庫型ピッキングシステム。格子状に組まれたグリッド(支柱・梁)、ビン(専用コンテナ)、ロボット(電動台車)、ポート(ピッキングステーション)の各モジュールで構成される。

<高密度保管の比較>
20140829okamura3 515x302 - 岡村製作所/自動倉庫型ピッキングシステム発売

グリッド内に隙間なくビン(コンテナ)を積み上げて収納する構造のため、高密度保管が可能。同数のコンテナを保管する場合、「AutoStore」は スタッカークレーン式自動倉庫の2分の1、平置き棚の3分の1のスペースで対応できる。

グリッドはレイアウトの自由度が高く、さまざまな設置環境に対応し、スペースを有効活用できる。

専用のシミュレーションソフトにより、最適なシステム能力を発揮するレイアウトとロボット台数を判断する事ができる。出庫頻度の高いビンをグリッドの上層部に集約し、出庫にかかる時間を短縮する。

出庫するコンテナを事前に準備しておくことで、更に出庫時間が短縮され、高いシステム能力を発揮する。

■基本仕様
ロボット
最大走行速度:180m/分
リフト(昇降)速度:96m/分
最大積載質量:30kg
満充電稼働時間:最大20時間
消費電力:100Wh以下

ポート(理論上の最大処理能力値)
コンベヤ式ポート:最大150ビン/時間
回転式ポート:最大400ビン/時間

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース