川崎汽船/新たなアジア~南アフリカ航路を開始

2014年09月25日 

川崎汽船は9月25日、新たなアジア-南アフリカサービスを10月9日から開始すると発表した。

中国、台湾、香港、シンガポール、マレーシアと南アフリカ間に新たに2ループを構築し、充実したネットワークと安定したスケジュールで多様化するアジア~南アフリカ間の輸送需要に応える。

新サービス名は既存のASA(Asia – South Africa Service)を継承して、ASA CentralおよびASA Southとし、既存サービスは新サービス開設に伴い休止する。

■新サービスの概要
投入船型 :ASA Central 4200~5800TEU型6隻、ASA South 4200~5800TEU型7隻

寄港地:
ASA Central
上海~寧波~基隆~シンガポール~ダーバン~シンガポール~上海
ASA South
高雄~廈門~香港~蛇口~シンガポール~ポートケラン~ダーバン ~ケープタウン~ポートケラン~シンガポール~高雄

航海頻度:ウィークリー

開始日:  
ASA Central=10月15日、上海入港予定
ASA South =10月9日、高雄入港予定

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集