日通総研/物流現場マネージャー、労働時間マネジメントセミナー

日通総合研究所は10月22日、「物物流現場マネージャーの為の労働時間マネジメントセミナー」を開催する。

物流業界は深刻な人手不足と言われる中で、現場のマネージャーは、「何とかしよう」とするあまり、多くの負担がかかっています。

実情は、「いつも時間に追われている」「互いに関連性の無い業務を細切れ(短時間)に行う」「頻繁に自分自身で物事を実行する」「口頭の伝達が多くなる、等、多忙極まる中ではないでしょうか!」。

個人レベルに留まりがちな「タイムマネジメント」について組織に展開するための方法論を演習(自組織の課題を検討)などを通じて習得いただくワークショップセミナー。

■開催概要
日時:10月22日(水)13:00~17:30(受付開始は12:40)
会場:日本通運本社ビル 4階 会議室AB
   東京都港区東新橋1-9-3
参加費:1名様/20,000円(税込)
定員:40名(最少開催人数:20名)
申込締切:10月20日(月)13:00
対象:現場責任者の方、現場責任者向けの教育を企画される部門の方
   物流業のマネージャーの方
   現場の活性化、効率化、人材活用について学ばれたい方
   管理者のタイムマネジメントを身に着けつけたい方

■詳細・申込み
https://www.nittsu-soken.co.jp/seminar/archives/semi73.html

■プログラム
13:00~13:05 オリエンテーション

基本編(講義中心)
13:05~13:30
自身の労働時間マネジメントを放棄した現場管理職
・現場管理職がやらなければならない業務は増えるばかり
・新人管理職を悩ませる5つの苦悩
・労働時間の削減が困難な理由
・サービス残業発生のメカニズム
・その他

13:30~14:30
7つの労働時間マネジメント
・自身の現状の「労働時間/時間の使い方」を知る
・時間削減目標を意識して日々働く習慣を付ける
・時間増大の根本要因を常に考えて行動する
・「行動すれば時間削減が可能」という感覚を身に付ける
・その他

労働時間マネジメントの実際(演習中心)
14:30~15:00
自身の現状の「労働時間/時間の使い方」を知る
・あなたは、年間何時間働いているのか
・自身の労働時間と内訳を知る(労働時間セルフチェック)
・なぜ自身はその業務に時間がかかっているのか?
・労働時間増大の要因構造化

15:00~16:00
「自身の不足時間」を認識する
・現状、時間は足りているのか?
・本来やるべき業務は何か
・自身の”更に本来やるべき業務”と想定所要時間

16:00~16:30
労働時間増大を引き起こす「3大要素」を知る
・労働時間増大を引き起こす「3大要素」とは? ~W・T・Bで考える~
・「自身の仕事スタイル」の違いによる労働時間への影響

16:30~17:00
「ギャップ」の認識と「削減目標」の設定
・労働時間削減の目標を設定
・自身とチームの労働時間増大の要因(仮説)
・チームの「労働時間」を知る

17:00~17:30
効率化の技法を知る
・仕事の中に潜む「ムダ」とは?
・業務の「ムダ」の削除を考える(組織の視点/時間の視点)
・「重複」のチェックと「停止」のチェック
・「対応策(労働時間削減施策)」を考える9つのポイント

■講師プロフィール
麻野 進 (あさの すすむ)
ひなたエージェント パートナー
国内系大手コンサルティングファームにて、医療機関を中心に、マーケティング・人事管理等のコンサルティングを担当した後、人事・組織コンサルティングファーム取締役、NTTデータ経営研究所 人財・組織戦略コンサルティング本部シニアマネージャーを経て現職。

全能連認定マスターマネジメントコンサルタント/社会保険労務士/産業カウンセラー。
早稲田大学 大学院 非常勤講師『人的資源管理』担当。

著書:「部下なし管理職」が生き残る51の方法(東洋経済新報社刊)

■申込み・問い合わせ
(株)日通総合研究所
ロジゼミ事務局
担当:高田(たかだ)
東京都港区東新橋1-9-3
日通本社ビル8F 日通総研内
TEL:03-6251-3277 (平日10時~18時)
http://www.nittsu-soken.co.jp/seminar/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集