日本郵船/ミャンマーで完成車の内陸輸送を開始

2014年10月10日 

日本郵船は10月14日、Silverbird Auto Logisticsと共同でミャンマー国内において完成車の内陸輸送サービスを開始する。

<調印式 Ben Phee Group Managing Director, Phee group of companies(左)、日本郵船曽我貴也自動車物流グループ長>
20141010nyk 500x333 - 日本郵船/ミャンマーで完成車の内陸輸送を開始

日本郵船は2011年以降日本からミャンマー・ヤンゴン港へ自動車専用船による定期サービスを再開し、現在では月2便の海上輸送サービスを行っている。

今回の内陸輸送サービスの開始により、完成車の内陸輸送に加え、車両保管、PDI、通関手続きなどを含めた「完成車の総合物流サービス」を提供していく。

2015年には日本郵船、Phee Group、Silver Bird Auto Logisticsの3社で新会社となるNSAL社を設立する手続きに入っており、日本郵船グループは名実ともにミャンマーでの「完成車の総合物流サービス」をリードしていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集