LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱重工/空気潤滑システム搭載新型ばら積み運搬船、CO2を27%削減

2014年10月29日/IT・機器

三菱重工業は10月29日、開発した省エネ・環境性能に優れるばら積み運搬船の1番船が、CO2の排出量削減効果が従来船比27%減と、目標としていた同25%以上を達成していることが実証されたと発表した。

<空気潤滑システム搭載新型ばら積み運搬船>
20141029mitsubishig - 三菱重工/空気潤滑システム搭載新型ばら積み運搬船、CO2を27%削減

技術供与先の大島造船所(長崎県西海市)で完成し、29日、世界的穀物メジャーの米国アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社に引き渡された。

この船は、泡の力で船底の摩擦抵抗を減らす独自の「三菱空気潤滑システム(MALS:Mitsubishi Air Lubrication System)」をはじめ、造波抵抗を低減する新型船首などを採用。

プロペラの前方にフィンを設置し、プロペラボスキャップに特殊な溝を設けることで主機関の出力を効率よく推進力に変換する。さらに、浅い喫水を採用することでMALSによる省エネ・CO2削減効果を追求しやすくしている。

MALSは、ブロア(送風機)を使って船底から吹き出した空気が、細かい気泡となって船底を覆うことにより、航行時に水との摩擦を減らす。

日本海事協会などの支援を受けて開発。モジュール運搬船やフェリーなどを建造した各種の船舶に採用され、燃料消費、環境負荷の有力な低減技術として実績を積んでおり、今回のばら積み運搬船についても海上運転試験により、MALSが想定どおりの性能を発揮したことが実際に検証された。

この船は、2011年にADMから住友商事が穀物輸送用として受注した3隻の1番船。

三菱重工からの設計コンセプトとMALSなど環境技術の供与により大島造船所が建造し、2015年半ばまでに全3隻の引き渡しを完了する予定。長さ237m、幅40m、喫水12.5mで、載貨重量トン数は約9万5000トン。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース