キッセイコムテック/医薬品業界向け倉庫管理システム発売

2014年11月19日 

キッセイコムテックは医薬品業界向け倉庫管理システム「PARCKs(パークス)-WMS」を発売した。

医薬品業界向け倉庫管理システム「PARCKs-WMS」は、2009年9月より販売している医薬品業界向け販売物流システム「PARCKs-SDM」と連携した物流倉庫現場の倉庫管理システム。

長年にわたり、医薬品メーカーである親会社(キッセイ薬品工業)のシステム企画、開発業務を通じて培った経験とノウハウを基に、医薬品業界に特化し倉庫業務で必要とされる豊富な機能や高い物流品質を保つための複数のチェック機能を実装している。

マスタ化によるパラメータ設定機能を活用することで、カスタマイズを最小限に抑え、短期間・低コストでのシステム導入を実現可能とするシステム。

■製品概要
名称:医薬品業界向け倉庫管理システム「PARCKs-WMS」
主な機能:入荷管理、出荷管理、ハンディターミナル管理
     在庫管理、進捗管理など
販売価格(税抜):基本ライセンス500万円、導入支援・カスタマイズ費用 仕様により個別見積
オプションサービス:出荷検品を強化したい顧客向けに元梱及び詰合検品システムのみの導入も可能。

■医薬品業界向け倉庫管理システム「PARCKs(パークス)-WMS」
http://www.kicnet.co.jp/solution/wms/index.html

■上位基幹システム:医薬品業界向け販売物流システム「PARCKs-SDM」
http://www.kicnet.co.jp/solution/hanbutu/index.html

最新ニュース

物流用語集