商船三井/東京ガス向け新造LNG船の長期定期貸船契約を締結

2014年11月28日 

商船三井は11月28日、東京ガスの100%出資子会社の東京エルエヌジータンカーと、新造LNG船1隻の共同保有と20年間の長期定期貸船契約に関する基本協定書を締結の上、このLNG船の造船契約をジャパン マリンユナイテッド株式会社(JMU)と締結したと発表した。

<新造LNG船イメージ図>
新造LNG船イメージ図

20141128mol2

<米国コーブポイントプロジェクト トレーディングルート イメージ図>
米国コーブポイントプロジェクト トレーディングルート イメージ図

2月に東京エルエヌジータンカーとJMUと契約を締結した新造LNG船に続き、商船三井が船舶管理を行い、東京ガス向けの主に米国コーブポイントプロジェクトからのLNG輸送に従事する。

■新造LNG船の概要
全長:約299.9m
幅:48.9m
喫水:11.5m
LNGタンク: SPBタンク方式
貨物タンク容量:16万5000立方m
主機関:三元燃料ディーゼル機関電気推進方式
航海速力:19.5ノット
建造造船所:ジャパン マリンユナイテッド
船舶管理会社:商船三井
保有比率:商船三井90%、東京エルエヌジータンカー10%
就航予定時期:2017年
船名:未定

最新ニュース

物流用語集