GLP/3つの開発施設がLEEDゴールド予備認証を取得

2014年12月05日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズは12月5日、首都圏と関西圏で開発中の3施設(延床面積合計:31万4000㎡)が米国グリーンビルディング協会からLEEDゴールドの予備認証を取得したと発表した。

<GLP座間>
GLP座間

<GLP八千代>
GLP八千代

<GLP鳴尾浜>
GLP鳴尾浜

GLP座間、GLP八千代、GLP鳴尾浜の3施設は現在開発中のマルチテナント型先進的物流施設で、太陽光パネルの設置、全館LED照明の採用、断熱材によるヒートアイランド対策の実施など、顧客企業のエネルギー効率化とオペレーションコストの削減に貢献するさまざまな機能を有している。

こうした環境配慮の革新性と企業の物流オペレーションにおけるサステナビリティの強化に貢献している点が評価されたとしている。

また、2013年5月に竣工したGLP三郷Ⅲは、同年にLEED認証の中で最高レベルのLEEDプラチナを日本の物流施設として初めて取得し、世界的に権威ある「2014年ULI Global Award for Excellence(ULIグローバル・アワード・フォー・エクセレンス)」においても物流施設として初めて13件の受賞建築物の一つとして選出された。

なお、LEED (Leadership in Energy and Environmental Design)認証とは、米国グリーンビルディング協会が普及・推進を図る、世界的にも広く普及している建物環境認証制度。

■LEED認証を取得した開発施設
GLP三郷Ⅲ
所在地:埼玉県三郷市
延床面積:9万4718㎡ 
竣工:2013年5月末 
LEED認証:プラチナ

GLP座間 
所在地:神奈川県座間市 
延床面積:13万㎡ 
竣工:2015年6月(予定)
LEED認証:ゴールド(仮認証)

GLP鳴尾浜 
所在地:兵庫県西宮市 
延床面積:11万㎡ 
竣工:2015年8月(予定)
LEED認証:ゴールド(仮認証)

GLP八千代 
所在地:千葉県八千代市 
延床面積:7万1900㎡ 
竣工:2015年10月(予定)
LEED認証:ゴールド(仮認証)

最新ニュース

物流用語集