LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本マクドナルド/米の港湾労使交渉長期化で、全店の商品内容変更

2014年12月15日/生産

日本マクドナルドは12月15日、10月下旬に始まったアメリカ西海岸での港湾労使交渉の長期化の影響により、「マックフライポテト」の販売を12月17日からSサイズのみとすると発表した。

同社は、緊急対策として1000tを超えるポテトを航空便で、1600tをアメリカ東海岸経由の船便で輸入を開始したが、顧客に安定して提供できる充分な量に至らず、今回の決定となったもの。

このため、「マックフライポテト」を含むセット商品の販売内容も変更する。

対象開始は12月17日午前10時30分からで、終了日時は未定。対象店舗は全国のマクドナルド店舗約3100店舗。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース