プロロジス/仙台市泉区にキユーソー流通の専用施設開発

2015年01月13日 

プロロジスは1月13日、キユーソー流通システムの専用施設として、宮城県仙台市泉区に「泉パークタウン」内に開発中だと発表した。

<プロロジスパーク仙台泉>
プロロジスパーク仙台泉

土地の取得段階から協議を重ね、キユーソー流通システムの要望を実現する仕様としている。

開発地は泉インターチェンジから約3㎞、仙台駅から約10㎞と交通アクセスに優れ、東北6県の輸送・配送拠点・BCP(事業継続計画)の観点からも最適な立地という。

施設は約2万4500㎡の敷地に地上4階建、延床面積約2万7900㎡の施設として開発、2015年10月の竣工を予定している。

庫内は、冷凍・冷蔵倉庫とドライ倉庫を併設し、4温度帯での保管機能を備える予定。建物を4階建(倉庫3階建)とすることで、敷地内を有効に使える施設計画とし、3面に接車バースを設け、将来的な物量増加にも備える。また、多数のトラック駐車場に加えて、洗車場や給油所、ドライバー用洗面所を配置する計画となっている。

なお、竣工後は「プロロジスパーク仙台泉」がキユーソー流通システムにとって東北エリアへの食品配送の中心拠点となる。

■概要
名称:プロロジスパーク仙台泉
所在地:宮城県仙台市泉区明通
計画敷地面積:2万4451.84㎡
計画延床面積:2万7943.66㎡
構造:鉄筋コンクリート造および鉄骨造、地上4階建
着工:2014年10月
竣工予定:2015年10月末

最新ニュース

物流用語集