島津製作所/マレーシアに新工場を10月着工

2015年01月14日 

島津製作所は1月13日、マレーシアに分析計測機器の新製造拠点を設立し、製造と販売の両面で機能を強化すると発表した。

新工場は2015年10月着工、2016年7月完成、2016年12月に稼働開始予定。

100%出資子会社である現地法人SHIMADZU (ASIA PACIFIC) PTE LTD.(SAP社)からアジア・インド地域とオセアニア向けに販売する分析計測機器の生産拠点をマレーシアに新設し、市場対応力、規制対応力を強化してタイムリーな製品供給を行う。

SAP社の主力販売機種であり、今後も大きな市場の伸びが見込まれる高速液体クロマトグラフ(Prominence、Prominence-iシリーズ、Nexera)および紫外可視分光光度計(UV-1800)の生産を2016年から開始し、順次生産品目と業種の拡大を行う。

液体クロマトグラフの一部製品についてはSAP社以外にも中東・アフリカを管轄する海外子会社に向けても供給する。品質、価格およびリードタイム共に競争力のある製品供給体制を整え、中長期的な事業拡大を図る。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集