大和物流/データ・テックの車載器、527台導入

2015年01月30日 

データテックは1月30日、大和物流の車両にデータ・テックが開発した車載器「SRVDigitacho N」を全車両527台に搭載したと発表した。

<クラウド型総合運行管理支援システムでの「SRVDigitacho N」の概念図>
クラウド型総合運行管理支援システムでの「SRVDigitacho N」の概念図

従来からのデジタル式運行記録計としての機能に加え、労務や経費などの管理を含む付加情報など、これらすべてを一元管理できる機能を大和ハウスグループのフレームワークスと共同で開発し、運用をスタートした。

「SRVDigitacho N」は、ドライブレコーダーとデジタコ一体型車載器。カードレス対応で、スマートフォンと連携して運航データを記録できる。また、カメラ2台の映像を運航データとともに管理し、適切な運転指導が可能。音声警告での安全確認が可能だ。

導入することにより、自動的にデジタコデータと走行記録がサーバに保管されるなど業務効率アップを見込んでいる。

システム障害が発生しても、SDカードからその日のデータを取り込め、運用がストップすることがない。さらに、車両の危険な動きを詳細に検知し、事故につながりかねない強い挙動は、映像データが自動的にWebにあがるなどで、顧客満足度もアップしているという。

最新ニュース

物流用語集