SBSHD/3PL営業力強化、ドライバー不足対応で運送事業会社を設立

2015年02月18日 

SBSホールディングスは2月18日、2014年12月期決算説明会資料で「2015年度グループ経営について」を発表した。

ドライバー不足の対応として、運送事業会社を設立する。SBSロジコムの子会社としてSBSロジコム北関東とSBSロジコム南関東の2社を設立する。

ドライバーを転勤が伴わない地域限定で正社員で確保し、待遇の改善、教育の充実を図る。5月に業務開始予定だ。

組織体制については、3PL営業力の強化を挙げている。これまでの営業開発第1部、営業開発第2部、3PL営業部の3部体制を、ソリューション開発部、3PL営業開発第1部、PL営業開発第2部、ファシリティ営業開発部の4部に再編成。

新たに通運営業開発部、西日本営業開発準備室を加え6部体制とし、新規顧客の獲得と既存顧客の深耕を図る。

3PL事業では2015年度計画として売上高511億円(5.4%増)を目指す。

不動産事業では、2015年度計画を売上高83億円(前期比62.6%増)とし、その内訳として賃貸事業で26億円、開発事業用で57億円としている。営業利益は30億円(27.2%増)、その内訳として賃貸事業14億円、開発事業16億円としている。

海外戦略では、売上高を290億円(257.0%増)で、その内は海外売上を250億円(331.8%)としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集