丸三製紙/段ボール原紙生産設備、竣工

2015年03月04日 

レンゴーの子会社、丸三製紙は3月3日、段ボール原紙(ライナ)生産設備を竣工した。

<新8号抄紙機建屋外観>
20150304rengo1 - 丸三製紙/段ボール原紙生産設備、竣工

<新8号抄紙機>
20150304rengo2 - 丸三製紙/段ボール原紙生産設備、竣工

竣工した新8号抄紙機建屋のライナ用8号新抄紙機は、環境面からニーズの高まる段ボール原紙の薄物化に対応するとともに、さらなる品質向上と、徹底した省エネ・省資源化が図っている。

新設備の竣工により、レンゴーグループの東日本地域での段ボール原紙供給体制がさらに充実し、製紙・段ボールの一貫生産体制を強化した。

■新設備の概要
設備名:8号抄紙機(既存の6号抄紙機はすでに停機)
生産品種:段ボール原紙(ライナ)
最大生産量:日産500トン
設備投資総額:260億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集