ミズノ/在庫管理と受注出荷処理、新基幹システムで構築

2015年03月16日 

日本オラクルは3月16日、ミズノが、国内外グループ会社を含む共通の新基幹業務システムとしてオラクルのERPソフトウェア「JD Edwards EnterpriseOne」と高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (Oracle Exadata)」を導入したと発表した。

ミズノは、グループ共通の新基幹業務システムとして、米国子会社で10年以上にわたり利用してきた実績や保守運用の容易性に加え、新しい経営管理指標をパッケージの標準機能で実現できる点を評価し、「JD Edwards EnterpriseOne」の採用を決定。

ミズノが取り扱う品目は多様で何十万という膨大な量に上るため、リアルタイムの在庫管理と短時間での大量の受注出荷処理を実現できるメインフレーム同等に強力なIT基盤が必要だった。

新システムが稼働する統合データベース基盤として、「JD Edwards EnterpriseOne」との親和性と、高い処理性能、高可用性、将来的な統合IT基盤としての拡張性が評価され、「Oracle Exadata」の導入を決めた。

「JD Edwards EnterpriseOne」と「Oracle Exadata」の導入により、従来のメインフレーム・システムと同等のトランザクション処理を保つと共に、旧システムでは時間のかかっていた各種のバッチ処理時間を短縮することができた。

また、マスターデータを「Oracle Exadata」上に一元化したことと、データウェアハウスの統合により従来は得られなかった詳細レベルの情報を瞬時に取得することが可能となったという。

最新ニュース

物流用語集