プロロジス/京都府京田辺市に延床15万m2の物流施設開発

2015年04月02日 

プロロジスは4月2日、京都府京田辺市で賃貸型物流施設「プロロジスパーク京田辺」を開発すると発表した。

<完成イメージ>
20150402prologi 500x236 - プロロジス/京都府京田辺市に延床15万m2の物流施設開発

開発予定地は、京阪間のほぼ中間地点に位置しており、物流施設の高い需要が期待できる稀少性の高い立地で大阪市中心部から約26㎞、大阪・京都間を結ぶ第2京阪道路京田辺松井ICから約300mと至近に位置している。

第2京阪道路を利用することで、大阪・京都の関西二大消費地に加えて、滋賀方面への迅速な配送が可能な物流適地。現在整備が進んでいる新名神高速道路八幡IC予定地からも近く、新名神高速道路が開通すれば、中国地方から中部地方までをカバーできる広域拠点としての利用も可能になる。

施設計画では、約4万㎡の敷地に地上6階建、延床面積約15万6000㎡の施設を想定して計画中で、2017年春に着工し、2018年夏竣工の予定。

事業継続性や環境に配慮した施設設計とする予定で、停電・断水対策、断熱性の高い屋根材や外壁の採用、敷地内の緑化などを検討している。

また、従業員のとって働きやすい環境づくりのために、施設内にレストランを設ける予定だ。

■計画概要
名称:プロロジスパーク京田辺
所在地:京都府京田辺市
計画敷地面積:約7万㎡
計画延床面積:約15万6000㎡
構造:地上6階建(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集