ローソン、SGHD/小商圏配送・御用聞きサービスの共同事業会社設立

2015年04月07日 

ローソンとSGホールディングスは4月7日、ローソン店舗を起点にした配送やサービスの拡充に関する業務提携契約を締結し、ローソン店舗を起点とした自宅等への配送・御用聞きサービスなどを行う共同事業会社を設立する。

両社は、ローソン店舗半径500m内の小商圏配送・御用聞きサービスを展開する共同事業会社「SGローソン」を設立し、東京都世田谷区を中心とした約20店舗で新サービス「SGローソン マチの暮らしサポート」の開始を検討する。

SGローソン マチの暮らしサポート

「SGローソン マチの暮らしサポート」は、不在時に宅配された荷物をローソンの店頭で受け取ることができるサービスや、専任配送担当者が自宅へ直接荷物を届けるサービスのほか、ローソン店頭で販売する弁当類などの商品やネット宅配「ローソンフレッシュ」の商品を一緒に届ける御用聞きサービスを展開する。

主なサービスは、ローソン店舗を配送拠点とし、佐川急便の荷物やローソン商品(店頭販売商品やローソンフレッシュの生鮮品など)の配送、専用コールセンターでの注文の受付・専任配送担当者によるローソン店頭商品のピックアップと自宅への宅配、多機能タブレットを用いた各種ライフサポートサービスの取次業務や商品取り寄せサービスを行なう。

2015年度中に東京都内約100店舗へサービスを拡大する予定で、シニア層や主婦層を宅配スタッフとして新たに採用し、人材活用に取り組むことも検討する。

今後、要望に応えて、マチのあらゆるニーズにワンストップで応える新業態の確立を目指すとともに、両社の強みを最大限活用することで、新しいビジネス展開も検討する。

なお、7月より全国のローソン店舗(11,125店舗:2015年2月末/ローソンストア100を除く)で、佐川急便の取引先の通販事業者やオンライン事業者から購入した商品を24時間いつでも受け取りできるようになる。

お客は、受取先のローソン店舗を、宅や勤務先、旅行先などライフスタイルに合わせて指定することができ、事前に送られてくる受取用バーコードをスマートフォンなどで表示し、POSレジで直接受け取りできる。

■共同事業会社概要
会社名:SGローソン
サービス名称:SGローソン マチの暮らしサポート
設立日:2015年6月14日(予定)
資本金:1億円
出資比率:ローソン51%、SGホールディングス49%
代表者:代表取締役野辺 一也

最新ニュース

物流用語集