大和ハウス/ロボットスーツ3モデルを販売開始

2015年04月13日 

大和ハウス工業は4月13日、介護・福祉施設等向けにCYBERDYNEが開発・製造する「ロボットスーツHAL自立支援用(下肢タイプ)」、「ロボットスーツHAL自立支援用(単間接タイプ)」、「ロボットスーツHAL介護支援用(腰タイプ)」の販売を5月1日から開始すると発表した。

<左から自立支援用(下肢タイプ)、介護支援用(腰タイプ)、自立支援用(単関節タイプ)、作業支援用(腰タイプ)>
左から自立支援用(下肢タイプ)、介護支援用(腰タイプ)、自立支援用(単関節タイプ)、作業支援用(腰タイプ)

ロボットスーツHALは、装着者の皮膚表面から、生体電位信号を読み取り、装着者の思った通りに動作をアシストする最先端ロボット。

<自立支援用(下肢タイプ)>
自立支援用(下肢タイプ)

<下肢タイプの後ろに取り付けている設定リモコン兼メーター。足の指のどの部分に力が入っているかもわかる>
下肢タイプの後ろに取り付けている設定リモコン兼メーター。足の指のどの部分に力が入っているかもわかる

「ロボットスーツ HAL自立支援用(下肢タイプ)」は、下肢に障がいがある人や、脚力が弱くなった人の動作をサポートする装着型ロボット。「ロボットスーツ HAL福祉用(下肢タイプ)」の機能を向上させたタイプとなっている。

サイズは身長150㎝から190㎝まで可能で、重量は約14kg、動作時間は60分の充電で60分間動作する。

レンタル料金は18万8000円/月で、全国の介護・福祉施設を販売対象とする。販売目標は年間20台。

<自立支援用(単関節タイプ)>
自立支援用(単関節タイプ)

「ロボットスーツ HAL自立支援用(単関節タイプ)」は、膝や肘に装着するトレーニング用ロボットスーツ。膝関節、肘関節のどちらでも使用することができ、1.5kgと軽量なため、持ち運びも容易に行える。座った状態や寝た状態でも使用可能なため、従来の「ロボットスーツ HAL福祉用(下肢タイプ)」よりも自由度の高いトレーニングを行うことができる。

サイズは1サイズのみ。重量は約1.3kgで動作時間は60分の充電で120分間動作する。

レンタル料金は初期導入費用(両側セット)で40万円、月々13万円(税別・5年レンタル)、販売目標は年間20セット。

<介護支援用(腰タイプ)>
介護支援用(腰タイプ)

「ロボットスーツ HAL介護支援用(腰タイプ)」は、介護者が介護を行う際、腰部にかかる負荷を軽減でき、腰痛などの身体に係るリスクを軽減する。腰に負担をかけずに動作できるため、病院や介護現場での労働環境改善、労働災害防止への活用を期待している。

サイズは1サイズのみ。重量は2.9kgで45分の充電で180分動作する。

レンタル料金は初期導入費用が10万円、月々7万8000円(税別・3年レンタル)、販売目標は年間30台。

なお、大和ハウス工業は、2008年10月から、サイバーダイン社が開発・製造する「ロボットスーツ HAL福祉用」を、介護・福祉施設等に向けてリース・レンタル販売している。総導入施設数は約160施設で、総稼働台数は約360台。

最新ニュース

物流用語集