日本郵便/埼玉県和光市に7.8万m2の巨大郵便局竣工

日本郵便は5月4日、埼玉県和光市に東京北部郵便局が竣工し、開局する。

<竣工した東京北部郵便局>
20150416jp1 500x282 - 日本郵便/埼玉県和光市に7.8万m2の巨大郵便局竣工

<東京北部郵便局の空撮>
20150416jp2 500x358 - 日本郵便/埼玉県和光市に7.8万m2の巨大郵便局竣工

鉄骨造地上6階建て、建物面積7.8万m2の規模で、本稼働は、ゆうパックが5月4日、郵便・ゆうメールは8月23日から。

東京北部郵便局は、現在の新東京郵便局と東京多摩郵便局の業務を分割して受け持つ郵便局。

取扱業務は、郵便物及びゆうパック、ゆうメール等の区分作業拠点業務、物流ソリューション業務に特化し、一般の顧客向けの郵便・貯金・保険等の窓口業務は取り扱わない郵便局となる。

階層構造は、1階がゆうパック、広域集荷センター、2階が事務室等、3階が普通通常(大型厚物)、4階が普通通常(大型棚物)・特殊、5階が普通通常(小型)、6階が物流ソリューションセンターとなっている。

想定取扱物数は1日あたり、郵便が450万通、ゆうパックが11万5000個。

4月15日には、模擬ゆうパックで小包区分機を使ったデモを行い郵便局を公開した。

■東京北部郵便局の概要
住所:埼玉県和光市新倉5-1333(東京外環自動車道和光北ICより車で3分)
土地:約3万2000m2
建物:約7万8000m2(建物長さ220m、幅88m、高さ38m)
機器類:小包区分機1基、パケット区分機1基、フラット区分機2基、記録区分機1基、ケースライン1式、書状区分機23台、年賀用区分機4台
構造:鉄骨造地上6階(双方向ランプウェイ付属、屋上駐車場)
竣工:2015年3月末
開局:2015年5月4日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集