LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

山九/台湾の物流会社を子会社化

2015年05月11日/物流施設

山九は5月11日、台湾の昭安國際の物流子会社である、昭安物流の株式70%を4月29日に取得し、山九昭安國際物流として営業を開始したと発表した。

<台北桃園物流センター>
20150511sankyu 500x308 - 山九/台湾の物流会社を子会社化

山九昭安が運営する台北桃園物流センターは地上6階建て約8万m2の倉庫面積を持つ台湾で最大級の規模を誇り、保税物流中心(ILC ライセンス)を取得し、保税・非保税貨物の自主管理が可能、桃園空港から16km、台北市内・港からは30km以内と国際3PLを行うに理想的な倉庫。

今後は、フォワーディング事業、構内物流事業、機工事業へとサービスメニューを拡大し、顧客のグローバルなニーズにきめ細かく対応する。

日本・中国・東南アジアとの貿易量が拡大する台湾を中華圏事業のハブとして物流ネットワークに加えることで、山九が強みとするアジア物流の優位性を高めることを目的としている。

4月1日に中国事業部を中国・東アジア事業部とし、中国・台湾・韓国を統括する部門に変更している。

■概要
名称:山九昭安国際物流
住所:台湾桃園縣桃園市興邦路43巷2號
開設日: 2015年4月29日
資本構成:山九70%、昭安國際30%
要員:約80名

倉庫概要
名称:山九昭安国際物流亀山倉庫
住所:台湾桃園縣桃園市興邦路43巷2號
敷地面積:3万4000m2
倉庫面積:約8万m2
主要設備:自動ラック、倉庫管理システム、
危険品倉庫、温度管理倉庫

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース