ニッセン/通販物流サービスを吸収合併

2015年05月15日 

ニッセンホールディングスは5月15日、子会社のニッセンと通販物流サービスが合併すると発表した。

ニッセンを存続会社とする吸収合併方式で、通販物流サービスは解散する。合併期日は6月21日を予定。

合併により、ニッセンが保有する企画・調達・販売の能力と、通販物流サービスが保有する物流配送ノウハウを一気通貫することで、意思決定の迅速化と間接部門業務の最適化を図り、企業競争力を強化して企業価値を高めていくとしている。

■存続会社の概要
名称:ニッセン
所在地:京都市南区西九条院町26
事業内容:インターネット・カタログ通信販売等
設立年月日:2007年6月21日
資本金:1億円
2014年12月期(単体)
売上高1069億9300万円、営業損失86億4400万円、経常損失84億2400万円、当期損失115億2800万円

■消滅会社の概要
名称:通販物流サービス
所在地:福井県あわら市熊坂96
事業内容:物流業、倉庫業、貨物利用運送業
設立年月日:1950年6月2日
資本金:9億8000万円
2014年12月期(単体)
売上高152億400万円、営業利益2億7200万円、経常利益1億5100万円、当期利益7800万円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集