商船三井/自動車輸送サービスの世界統一ブランドを制定

2015年06月11日 

商船三井は6月11日、主力事業の一つである自動車輸送サービスで、世界統一ブランド「MOL Auto Carrier Express」 (MOL ACE」、呼称:エム・オー・エル・エース)を制定したと発表した。

<ブランドのロゴ>
ブランドのロゴ

このブランドは7月1日から使用を開始する。

商船三井は、自動車輸送サービスで、世界統一ブランド「MOL ACE」の下、「安全」「安心」という品質をベースに、グローバルネットワークを駆使したマーケティングを展開する。そして、今後ますます多様化する顧客のニーズに的確に対応するとしている。

なお、商船三井の自動車輸送サービスは現在、世界約140か国に営業拠点と代理店ネットワークを構え、グループで自動車船約120隻を運航し、顧客のグローバルな輸送ニーズに対応。さらに、自動車、バス、トラックのみならず、建設用・鉱山用の大型建機やトレーラーに積載した大型貨物などの輸送も手掛けている。

また、成長著しいアジア地域を中心に、完成車の陸送、沿岸輸送、ターミナル運営などの周辺事業を6カ国で展開するなど、広範にわたりサービスを提供している。

商船三井は、2012年に世界初の新造ハイブリッド船「EMERALD ACE」を就航し、大幅な環境負荷低減を実現。さらに、2015年4月には新デッキ構造を採用した次世代型自動車船「FLEXIE」シリーズを発表した。

商船三井が運航する自動車船は「ACE」を冠した船名で親しまれており、「ACE」という名前には、環境や新技術への「先進性」探求の歴史が刻まれている。今回制定した統一ブランド「MOL ACE」にはこうした伝統とともに、グローバル市場でのさらなる展開を目指す決意を込めているという。

最新ニュース

物流用語集