アスクル/横浜・生麦に延床5万m2の物流拠点、来年5月稼働

2015年06月12日 
関連キーワード:

アスクルは6月12日、首都圏物流ネットワークの一角を担って稼動中の「横浜センター」を横浜市・生麦の「(仮称)ASKUL Logi PARK横浜」に移転拡充すると発表した。

<(仮称)ASKUL Logi PARK横浜の完成予想図>
20150612askul 500x284 - アスクル/横浜・生麦に延床5万m2の物流拠点、来年5月稼働

2016年5月の稼動を目指す。

現在のセンターに比べ延床面積が約2倍の規模となり、出荷能力も約2倍の増強を想定している。

物流不動産投資会社「レッドウッド・グループ」が建築中の5階建てのマルチテナント型物流施設を全棟賃借する。

マテハン機器などの設備に約40億円投じる。

1基の大型ランプウエイを利用して4階部分まで大型トラックが各階に着床出来るほか、屋根面には大規模な太陽光パネルを設置し、LED照明など環境対策にも対応する施設としている。

首都高速神奈川1号横羽線生麦ICに隣接し、横浜港の港湾施設や東京都を含む首都圏全域への交通アクセスに優れている。羽田空港へのアクセスも約11㎞と至便で、国際貨物の取扱いにも適しており、京浜急行の生麦駅からも徒歩10分と近く、労働力確保の観点からも有利。

アスクルは、「(仮称)ALP横浜」の新設を機に、現稼働センターや近隣に分散する複数の物流拠点の機能集約・統合を進め、より効率的な物流運営を図っていくとしている。

■(仮称)ASKUL Logi PARK横浜の概要
所在地:神奈川県横浜市鶴見区生麦2-4-6
稼動開始:2016年5月予定
敷地面積:約2万5500m2
延床面積:約5万m2
建物階数:地上5階建
トラックバース数:88バース(各階計)
設備機能:太陽光発電、事務所内LED照明など

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集