デンソーウェーブ/最軽量、最大のカラー液晶のハンディターミナル発売

デンソーウェーブは7月15日、コンパクトな新型ハンディターミナル「BHT-1500シリーズ」を8月に発売すると発表した。

クラス最軽量約128gの軽さと、クラス最大サイズの2.0インチカラー液晶の視認性を両立すると共に、従来機種のアプリケーションを引き続き使用できる優れた互換性を持つ。

<新型コンパクトハンディターミナル「BHT-1500シリーズ」>
20150715denso 500x503 - デンソーウェーブ/最軽量、最大のカラー液晶のハンディターミナル発売

「BHT-1500シリーズ」は、長時間の作業を行う作業者の負担を軽減したい製造・物流業界のユーザーや、ハンディターミナルをポケットに入れながらもスマートに接客を行いたい流通業界のユーザーなど、幅広い業界のニーズに対応。

製造現場や大規模な倉庫で行われるハンディターミナルを長時間使用しての照合や棚卸業務には、より作業者の負担が少ない軽量でコンパクトな機種が適している。しかし、コンパクトさを優先することで画面が小さくなり、見間違い等のミスが発生するという問題がある。

「BHT-1500シリーズ」は、業界同クラス最軽量のボディでありながら、写真の表示も可能なカラー液晶を搭載することで軽さと視認性を両立し、現場での作業性を向上させ、ミスの低減に貢献する。

また「BHT-1500シリーズ」は、デンソーウェーブの「BHT-8000シリーズ」と「BHT-900シリーズ」向けに開発されたアプリケーションを使用できるため、「BHT-1500シリーズ」へ乗換えたい従来機種のユーザーの開発コストを低減する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集