三菱自動車/軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV」シリーズ2車種を改良

三菱自動車は7月29日、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV VAN」と「MINICAB-MiEV TRUCK」を一部改良し、販売を開始した。

電気自動車の普及促進のため「MINICAB-MiEV VAN」で最大約24万円、「MINICAB-MiEV TRUCK」で約12万円、車両本体価格を値下げした。

<MINICAB-MiEV VAN4シーター CD 16.0kWh>
20150730mitsubishim1 - 三菱自動車/軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV」シリーズ2車種を改良

<MINICAB-MiEV TRUCKVX-SE 10.5kWh>
20150730mitsubishim2 - 三菱自動車/軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV」シリーズ2車種を改良

主な変更点は、普通充電に比べて充電時間が短い急速充電機能を全車に標準装備。

急速充電器は、高速道路のサービスエリア、コンビニ、道の駅、宿泊施設などへの設置が進んでおり、急速充電機能を装備することで、外出先での短時間充電が可能となり利便性が向上し、ランニングコストに優れた商用EVとして活用の幅が大きく広がる。

車両本体のメーカー希望小売価格は、「MINICAB-MiEV VAN」が179万9280~245万520円、「MINICAB-MiEV TRUCK」が158万2200円(税込)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集