日本梱包運輸倉庫/新潟県に1.5万m2の物流拠点用地取得

2015年08月06日 

日本梱包運輸倉庫は8月5日、新潟県と進出協定と土地売買契約を締結したと発表した。

購入場所は新潟県見附市新幸町50番8、新潟県中部産業団地4-2区画で、購入面積は1万4876.01m2。

これまで、新潟地区の四輪輸送事業は下越エリアを中心に展開しており、上・中越エリアは空白となっている。今後、新潟県全域に物流サービスを拡大するために見附市に営業拠点を出店し事業の拡大を図っていくとしている。

拠点の機能としては、メインのホンダグループから出る新車完成車の新潟県内の納車拠点、北陸向けの中継拠点としてのHUB機能、また、県内販売店の新車保管から各販売店までの三次輸送、及び中古車の引き取りや県内オークション業務といった四輪輸送の総合拠点を目指す。

これにより、これまで新潟市にある新潟営業所が県内全域の輸送、保管を担っていたが、この見附市にHUB拠点を設けることによってドライバーの労働時間の改善、輸送効率の向上、エリアごとの物流サービスの充実を図っていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集