伊藤ハム、米久/経営統合で物流・間接機能等を有機的に再編成

2015年09月15日 

伊藤ハムと米久は9月15日、共同持株会社を設立し、経営統合を行うと発表した。

統合によるシナジー効果創出として、食肉事業では牛肉・豚肉に強みを持ち、全国的に生産・物流・販売拠点を展開する伊藤ハムと、加工食品事業では業務用商品に、食肉事業では豚肉・鶏肉に強みを持ち、関東・東海地方に生産拠点を持つ米久が、互いの特色を強化・補完し合うことで生産・販売数量を増加させる。

両社が有する生産から販売に至るサプライチェーン全体の稼働率を高め、競争優位性を確保することで、積極的な事業展開が可能になるとしている。

また、両社で共通する物流・間接機能等を有機的に再編成し効率性を徹底的に追求すること、新たな価値観を創出し新商品の開発領域を拡大することなど、従来1社単独では成し得なかったコスト削減や商品開発力の向上等を実現し、得意先への提案力の強化に繋げる。

最新ニュース

物流用語集