国交省/日中韓で港湾の荷役能力向上やRFID活用の促進等でシンポ

2015年11月05日 

国土交通省は11月5日、第16回北東アジア港湾局長会議と第16回北東アジア港湾シンポジウムの開催結果を発表した。

会議の作業部会で取り組んできた、「北東アジアの海上コンテナ輸送におけるRFID活用の促進」、「北東アジアにおけるマリーナネットワークの構築」、「北東アジアにおけるクルーズ振興」について成果報告が行った。

「沿岸環境の変化と対策の効果」のテーマで、新たに中国も加わり、3か国の研究機関で研究を続ける。

今後の共同研究として、「日中韓における港湾法制度の比較研究」、「コンテナターミナルの効率的開発のための荷役能力の研究」、「北東アジアにおける港のにぎわいづくり」の3つのテーマに取り組むことを確認。また、神戸市吉井真みなと総局長から、「神戸港の課題と取組み」についてのプレゼンテーションを行った。

北東アジア港湾局長会議、北東アジア港湾シンポジウムとも、日中韓の港湾局長等が一堂に会して開催した。2016年の第17回北東アジア港湾局長会議は韓国で開催する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集