商船三井/石炭ばら積船で赤外線サーモグラフィを活用、安全運航強化

2015年11月20日 

商船三井は11月20日、フリアーシステムズジャパンが製品化した赤外線サーモグラフィカメラ「FLIR C2」の石炭ばら積み船への搭載を開始したと発表した。

<積荷役中の石炭温度を遠隔監視>
積荷役中の石炭温度を遠隔監視

<居住区内高温箇所の確認>
居住区内高温箇所の確認

<機関室内高温箇所の確認>
機関室内高温箇所の確認

石炭貨物が船艙内で自然発火することを未然に防ぎ、安全運航体制を強化する。

船艙内に積載された石炭は、輸送中や荷役中に酸化発熱が進み、船艙内や揚港の集積地で発火する場合がある。

海上輸送に当たっては、積荷前に温度を計測し、一定値を越えている場合は船積みしない、海上輸送中も船艙内の温度やガス雰囲気を定期的に計測し、危険な兆候を把握するなどの諸対策が、国際ルール(国際海上固体ばら積貨物コード=IMSBC Code)で、規定されている。

カメラは石炭の温度だけでなく、船上のあらゆる場所で高温・発熱箇所の早期発見も可能であることから、機関室内や居住区内の異常発熱個所の遠隔監視が可能となり、船上火災や火傷の予防にも活用する。

最新ニュース

物流用語集