LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

上組/J-オイルミルズの飼料用脱脂大豆、混入出荷

2015年12月28日/生産

J-オイルミルズ(以下:J-オイル)と上組は12月28日、J-オイルの飼料用脱脂大豆のうち上組の鹿島支店倉庫(茨城県神栖市)から出荷した遺伝子組換え分別脱脂大豆(non-GMO脱脂大豆)が、誤ってJ-オイルの製品ではない不分別脱脂大豆(GMO脱脂大豆)と混入して出荷したと発表した。

<JOMP脱脂大豆(飼料用)の受発注と製品の流れ(J-オイルと上組との関係)>
20151228joil 500x314 - 上組/J-オイルミルズの飼料用脱脂大豆、混入出荷

両社は、該品の出荷先である飼料メーカーに対し、状況の説明とあわせ、回収と代替品の出荷を行っている。

誤って混入した不分別脱脂大豆は、日本国内において飼料用としての安全性が認められ、これを飼料用として使用した食品の安全性には問題ないという。

J-オイル(静岡工場)から上組(鹿島支店)の倉庫に納入(7月23日、9月1日)した飼料用遺伝子組換え分別脱脂大豆のうち、上組(鹿島支店倉庫)から9月29日~12月21日の期間に出荷した「JOMIP大豆ミール(飼料用)」(J-オイル)509トンに、約128トンの不分別脱脂大豆の混入したと推定してている。

12月17日、出荷先の飼料メーカーからの指摘により、J-オイルの納入製品に不分別脱脂大豆が混入していたことが判明し、18日にJ-オイルにおいて、自社内と上組への調査を開始。

21日にJ-オイル社内での不分別脱脂大豆の混入はないことを確認し、J-オイルは、上組への調査で当該品に粉砕が加えられていた事実を把握。粉砕プロセスでの混入が疑われると判断し、鹿島支店倉庫からの出荷停止を指示した。

23日には、J-オイルより寄託をうけた製品に対し、上組がJ-オイルとの契約にはない工程(粉砕)をJ-オイルへの報告なく加えていた。

その工程で、人的操作ミスによりJ-オイルの製品ではない不分別脱脂大豆が混入した。

上組の鹿島支店倉庫から、鹿島近郊の飼料メーカーなど全7社に出荷しており、取引先(出荷先)に対する説明、本件に起因する損害などについて、個々に対応する。

今後、寄託先に対する管理強化を徹底し、上組では、入庫から出荷までの工程の全面的な見直しや従業員教育の再徹底を行うとしている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース