日通商事/高鮮度保持機能付き20フィートリーファコンテナを開発

日通商事は2月18日、鮮度保持機能を有した特殊冷蔵コンテナ「fresh bank」を開発したと発表した。

<fresh bank 開口部>
20160218nittsus1 - 日通商事/高鮮度保持機能付き20フィートリーファコンテナを開発

<fresh bank 背面部>
20160218nittsus2 - 日通商事/高鮮度保持機能付き20フィートリーファコンテナを開発

従来型の20フィート冷蔵コンテナに非熱電場技術と冷気コントロール機能を搭載したもので、魚介類や農畜産物を凍結させることなく、高い鮮度を維持した状態での輸送を可能にした。

同社では、鮮度保持技術を持つMARS Companyと提携し、新技術を物流関連機器に応用することで、利用者の拡大を可能にした。

生鮮品を一度に大量に、高い鮮度を保持した状態で運ぶことができるとともに、保管機能を有した移動式倉庫として活用することで、「生鮮品を在庫する」ことができるようになる。

例えば、長期間の鮮度保持が可能なことで、輸送機能としては生鮮品を「ゆっくり、より遠くへ」を実現することができ、保管機能としては国内外での大きなイベントなどで生鮮品貯蔵庫としての活用が可能となる。

開発した1号機は試作機だが、今後実証実験を行い生鮮品の保持期限拡大、利便性の高い商品・サービスの確立を目指す。

■寸法
外寸:W2438mm×D6058mm×H2591mm
内寸:W2000mm×D4870mm×H1800mm
電源:AC200VまたはAC400V

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集