LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東芝/戦略調達ソリューション「Meister SRM」の機能強化版を販売

2016年03月30日/生産

東芝は3月30日、製造業の調達・購買部門向けに部材や取引先などのサプライヤ情報を一元管理して有効活用を可能にする戦略調達ソリューション「Meister SRM」に、過去の見積価格や内訳を比較・分析することで戦略的な調達業務を可能にする機能強化版の販売を4月から開始する。

短期間で低価格で調達業務を立ち上げたいユーザー向けに、提供機能を限定したSaaS版「Meister SRM クイックモデル」を同時に販売する。

戦略調達ソリューション「Meister SRM」は、主に製造業でのサプライチェーンにおけるコミュニケーション基盤として、調達コストの低減や、生産活動の中断リスクをはじめとした、各種リスクマネジメントへの対応を可能とし、戦略的な調達業務を実現するソリューション。

機能強化版では、過去の見積を検索し見積内訳を比較できる機能を追加することで、相見積時での「内訳比較機能」に加え、相見積と過去見積の内訳単位での比較・分析を可能にする。

新商品の原価企画段階での過去見積内訳を用いたシミュレーション、過去案件との見積比較によるトレンド把握と精度の高い見積精査による原価低減、類似品目に関する見積内訳の参照を可能にする。

同時リリースするSaaS版「Meister SRM クイックモデル」は、BCP(事業継続計画)管理体制において重要なシステムの早期立ち上げやグローバルでの調達リスクを低減したいユーザー向けに、「Meister SRM」のサプライヤ管理に関する「コミュニケーション機能」である「取引先調査」、「BCP管理」、「汎用アンケート」を中心に提供機能を限定することで、システムを短期間で導入することができる。

SaaS利用価格は60万円/月から、オンプレミス版1100万円から。

■戦略調達ソリューション「Meister SRM」
http://www.toshiba.co.jp/cl/industry/procure/index_j.htm

■サプライチェーン見守りサービス for BCP
http://www.toshiba.co.jp/cl/business/outsource/service/bpo-scm4bcp.htm

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース