フェデックス/ヘルスケア業界向けに関空で施設見学セミナー

関連キーワード:

フェデックスは4月26・27日、関西国際空港の北太平洋地区ハブに主にヘルスケア業界の26人を招き、施設視察と温度管理輸送に関するセミナーを実施した。

<施設の説明>
20160509fedex1 500x375 - フェデックス/ヘルスケア業界向けに関空で施設見学セミナー

施設視察では、温度管理輸送専用施設「フェデックス・コールドチェーンセンター関西国際空港(KIX)」に案内し、同施設がオペレーションの中でどのように活用されているのかを紹介した。

航空機の駐機場の近くに設置されている施設には、3つの異なる温度帯での貨物の冷凍・冷蔵保存が可能なコンテナと2つの異なる温度帯を維持して作業ができるエリアがある。

貨物を荷下ろし直後に搬入し、搭載直前まで保管しておくことが可能で、梱包は、温度管理輸送では特に大切な役割を果たす。

<フェデックスで使用している梱包材>
20160509fedex2 500x400 - フェデックス/ヘルスケア業界向けに関空で施設見学セミナー

<梱包方法のデモンストレーション>
20160509fedex3 500x372 - フェデックス/ヘルスケア業界向けに関空で施設見学セミナー

セミナーでは近年の輸送例として増加している臨床検体や治験検体、動物から採取された細胞サンプル等を輸送する際に使用する梱包材と保冷材を解説し、梱包方法のデモンストレーションを行った。

お客自身で手軽に準備することができる梱包材「フェデックス・コールド・シッピング・パッケージ」や、乾燥蒸気技術により、-150℃を保つ「フェデックス・ディープフローズン・シッピング・ソリューション」の容器に加えて、要望に合わせたカスタムメイドの梱包を使用した事例も紹介した。

医薬品の流通は、品質を保つための国際的なガイドライン「Good Distribution Practice (GDP)」に則って計画・実施され、輸送を行う物流業者にも、このガイドラインを順守できるような体制が求められている。

セミナーでは、お客への標準作業手順書(SOP)作成のプロセスのほか、輸送時の不確定要素である気候や季節変動、通関での滞留の可能性等に適切に対応するための体制について解説した。

温度管理が必要な貨物の中には、通関書類の準備に細心の注意を払う必要があるものが含まれ、準備いただく書類の作成に関して、通関手続きや動物検疫等がスムーズに行われるようなヒントや、国
による貿易規定の違いの具体例についてのレクチャーも行った。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集