産業ファンド/大阪の物流施設を44億円で取得

2016年06月29日 

産業ファンド投資法人が資産の運用を委託する資産運用会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティは6月29日、国内不動産信託受益権の取得について決定したと発表した。

<IIF大阪此花ロジスティクスセンター>
20160629sangyof2 500x168 - 産業ファンド/大阪の物流施設を44億円で取得

物流分野の取得資産は、IIF大阪此花ロジスティクスセンターで、高速道路出入口や貨物ターミナル駅に近接し、都心や広域へのアクセスも容易な希少性ある立地に位置し、テナントの関西エリアにおける重要な物流拠点として約36年の長期賃貸借契約が締結されている物件の過半持分の取得。

■取得予定資産の概要
物件名称:IIF大阪此花ロジスティクスセンター
特定資産の種類:不動産信託受益権
所在地:大阪府大阪市此花区島屋4-4-51
取得価格:44億3700万円
鑑定評価額(価格時点)45億5000万円 (2016年6月1日時点)
土地面積:2万3359.57m2
用途地域:工業専用地域

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集