いなげや/武蔵村山市にプロセスセンター開設

2016年07月11日 

いなげやは6月22日、東京都武蔵村山市にプロセスセンターを開設した。

<センター外観>
20160711inageya1 500x290 - いなげや/武蔵村山市にプロセスセンター開設

敷地面積8654m2、3階建て、延床面積1万3428m2の規模で、1階は精肉プロセスセンター、2階に惣菜エリア(8月稼働予定)、3階に事務所、商品開発室、福利厚生施設などを設けた。

<豚肉スライス作業>
20160711inageya2 500x337 - いなげや/武蔵村山市にプロセスセンター開設

主な機能は、精肉(牛・豚・鶏など)スライス・カット加工商品等の製造・出荷。

さらに、入荷口から作業室・出荷口までの高度な低温管理システム(コールドチェーン)、食品衛生等の入退室管理、施設内の管理カメラ等によるセキュリティシステム、品質保持、ノントレーを目的に真空包装機も導入した。

1973年2月、同敷地内に精肉センターを開設し、これまで43年間精肉の加工された商品を店舗へ供給してきた。

施設の経年劣化に伴い年々リスクが高まり、店舗数の増加に伴いキャパシティの問題、製造機能の集中化が効率的な店舗運営に欠かせない機能であるとして、役割を改めて見直した。

■いなげや武蔵村山精肉・惣菜プロセスセンターの概要
所在地:東京都武蔵村山市伊奈平2-82-1
TEL:042-560-9993

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集