福山通運/4~6月の売上横ばい、営業利益8.7%減

2016年08月09日 

福山通運が8月9日に発表した2017年3月期第1四半期決算によると、売上高627億9500万円(前年同期比0.0%)、営業利益28億4600万円(8.7%減)、経常利益34億2000万円(7.9%減)、当期利益29億2300万円(17.3%増)となった。

運送事業の売上高は、551億9900万円(0.1%増)、営業利益は27億5500万円(3.8%減)となった。

小口商業荷物の掘り起こしに努め、正確な計量・計測による適正運賃の収受に取り組むとともに、顧客管理をはじめとする営業基盤の強化に努めてきた。

通期は、売上高2547億円(0.0%)、営業利益129億円(1.8%減)、経常利益137億円(7.6%減)、当期利益92億円(7.2%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集