LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日通/トルコ向け航空混載輸送サービスを開始

2016年09月27日/国際

日本通運は9月27日、日本発トルコ・イスタンブール向けの航空混載サービスとして、同国のアジア側に位置するサビハギョクチェン国際空港を利用した「ANADOLU EXPRESS」を9月からサービスラインナップに追加したと発表した。

<輸送スケジュール>
20160927nittsu1 500x317 - 日通/トルコ向け航空混載輸送サービスを開始

<位置図>
20160927nittsu2 500x241 - 日通/トルコ向け航空混載輸送サービスを開始

アジア側のサビハギョクチェン国際空港に貨物を到着させることで、ボスポラス海峡周辺の慢性的な渋滞を回避し、配達にかかる時間を最短で1日短縮する。

まサビハギョクチェン国際空港を利用することで、空港到着以降の距離を短縮し、配達費用を約20%程度削減することが可能となる。

2016年6月に発生したアタチュルク国際空港での爆破テロ発生時には、同空港向けの直行便貨物が数日間受託停止になったが、緊急貨物の納期内輸送を実現した。

有事の際、代替プランとしても利用できる。

なお、多くの製造業は、ボスポラス海峡を挟んでアジア側に拠点を構えているが、通常のトルコ向け国際航空貨物は、ヨーロッパ側に位置するアタチュルク国際空港に到着する。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース