センコー/介護事業に本格進出

2016年10月04日 

センコーは10月4日、介護事業を展開するけいはんなヘルパーステーションの全株式を10月3日に取得し、子会社化したと発表した。

けいはんなヘルパーステーションは、奈良市に本社を置き、奈良県内で訪問介護、デイサービス、住宅型有料老人ホームの運営などを行っており、今後、同社の人材、ノウハウを活かしながら事業展開を図る。

そセンコーグループが奈良市内に所有する独身寮を住宅型有料老人ホームに改修し、2017年10月から運営を開始する。

センコーは新事業の創出と新たな事業領域への参入を図るため、4月にライフサポート事業推進本部を設置している。

本部内には、ホームビジネス、介護、ヘルスケア事業等を担務するライフサービス事業推進部、住居関連サービス等を担務するリビングサービス事業推進部、農業、ファーム事業を担務する農業ビジネス事業推進部などを組織しているが、今回、けいはんなヘルパーステーションをグループに迎えることで、介護事業へ本格進出する。

■けいはんなヘルパーステーションの概要
名称:けいはんなヘルパーステーション
本社所在地:奈良県奈良市二名3-952-1
資本金:1000万円
設立:1999年4月15日
事業内容:訪問介護事業、通所介護事業、居宅介護支援事業、有料老人ホーム事業、他
従業員数:191名

■住宅型有料老人ホームの概要
所在地:奈良県奈良市西大寺竜王町1‐4‐75
建物構造:鉄筋コンクリート造3階建
延床面積:1390m2
設備概要:居室40室(専用の洗面・トイレ付)、共同の食堂・浴場・談話室等
開設予定:2017年10月
運営会社:けいはんなヘルパーステーション

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集